不動産売却は人対人のため人当たりをよくしよう

不動産業者に売却の仲介を依頼すると、少なからず「不動産業者の担当者」「買い手」と接触があります。

意外と軽視してしまいますが、実は、この方々との付き合い方1つで不動産の売値が変わってくることがあります。



実は、あなた自身のことです。

特に買い手に関しては、不動産の見学をしにきたとき、部屋のキレイさなどを細かくチェックしていきます。

高い買い物になるため、隅々まで心行くまでチェックすることは当然のことです。

そして、合わせて「あなたの人柄・雰囲気」もチェックしているということを頭に入れておきましょう。



家とは、その人の生活感が直接でてくる部分です。

そして、買い手側は、見学の日のために部屋をキレイにしていることは重々承知しています。

なので、普段の生活感が見えにくいため、見えるところを探してくるわけです。

それが、不動産物件を売りに出している、あなた本人です。



身なりはもちろんのこと、言葉遣いや動作に至るところまで、気にしておくとよいでしょう。

ただあまりにも徹底し過ぎると、かえって不自然間が出てしまうので、ほどほどにではありますが。

ともあれ、少しでも高く売るためには、買い手に対してよい印象を与えることが重要だということです。



実は、これに関しては不動産業者の担当者に同様なことがいえます。

業者側の人間も、あなたがどんな人かを、細かくチェックをしています。

そして経験から基づいて、この人なら高く売れると判断し、いろいろとアドバイスを送ってくれることも。

このように、不動産売却は人対人ということを決して忘れずに望むことが高く売るポイントです。